眉毛のアートメイクとは?3つのメリットや値段、失敗しないための注意点

眉毛のアートメイクは今や芸能人やモデルをはじめ、オシャレ女子の間で大評判。本記事では眉毛のアートメイクとは何か、そのメリットを紹介します。値段や失敗しないための注意点、クリニックの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

眉毛のアートメイクとは

アートメイクとは、皮膚の上層(表皮)に針で色素を入れ込んで行う汗や水にぬれても落ちないメイクのようなものです。

アートメイク後、表皮に入れ込んだ色素は約1年~3年ほど残り、毎日24時間美眉をキープできます。

刺青(タトゥー)との違い

刺青とアートメイクの大きな違いは、刺青は半永久的に残るということ。

逆にアートメイクで表皮に入った色素はターンオーバーにより代謝されて、徐々に薄くなっていきます。

なぜ刺青は消えないの?

刺青も皮膚に色素を入れるという点は同じ。

しかし、アートメイクよりも皮膚の深い部分(真皮)に色素を入れ込みます。真皮に入れ込まれた色素はターンオーバーの影響を受けないため、刺青はほぼ消えることがありません。

眉毛のアートメイクの施術方法

眉毛のアートメイクには「手彫り」と「医療マシン」の2つ方法があります。

昔は「医療マシン」を用いた施術しか方法がありませんでした。しかし現在は「手彫り」でより細かく自然な見た目の眉毛にするのが主流となっています。

施術方法 料金 施術時間 仕上がり
手彫り
医療マシン

・手彫り

「手彫り」はニードルを使って眉を1本1本描いていく方法。施術時間は少しかかりますが、ナチュラルで美しい仕上がりになります。

施術者によるクオリティの高い技術が必要とされるため、施術料金が比較的高めなことが多いです。

・医療マシン

「医療マシン」ではあらかじめ設定されたデザインに沿って、医療針が自動的に眉に描いていきます。

料金が比較的リーズナブルな上、施術時間が短いのがメリット。デメリットとしては、塗りつぶしたような眉になってしまうことが多いと言われています。

眉毛をアートメイクする主なメリット3つ

  • 好みのデザインの眉毛が手に入る
  • 毎朝のメイクが楽になる
  • 汗や水に濡れてもメイクが崩れない

1. 好みのデザインの眉毛が手に入る

技術のしっかりしたクリニックでは、お客様一人ひとりのなりたいイメージと顔の骨格に合わせた黄金比を測り、その人に適した形の眉毛を描きます。

お好みのデザインで長期的に残る「すっぴんでも美しい眉毛」をプロが作ってくれますよ。

2. 毎朝のメイクが楽になる

アートメイクをすると、毎日24時間、好みの色・形をした眉毛が出来上がっています。自眉のような美しい眉が手に入るので、うまく描けなくて時間がかかっていた眉メイクが楽になり、毎日のメイクを時短できます。

3. 汗や水に濡れてもメイクが崩れない

アートメイクは外部の刺激による影響をほとんど受けません。

夏場は特に汗をかきやすくなったり、プールや海など水の当たる場所に出かけたりすることもあるでしょう。そんな時、通常のメイクだと水分が当たって崩れないか気を使ってしまいますよね。しかしアートメイクであればその心配はなく、温泉やサウナ、スポーツも自由に楽しめます。

眉毛のアートメイクにかかる値段

眉毛のアートメイクにかかる値段は数万円~十数万円と、施術を受けるクリニック、選ぶコースによっても変わります。

例として、アートメイクのクリニックとして評判のメディカルブローでは、施術者のランクにより5万円~17万円でアートメイクをしてもらうことが可能です。

 

「眉毛だけに数万円…」と思う方もいらっしゃいますが、毎日の【メイクの時間】【化粧品代】【いつでも理想的な眉毛】を手に入れると考えると、それでもアートメイクをしたいという人が多いのも頷けるでしょう。

眉毛のアートメイクの痛さ

アートメイクは皮膚にニードルを刺して行うので、やりたくても「痛そう」と感じる方もいらっしゃいます。

アートメイクの痛みには個人差がありますが、実際に受けた人は「毛抜きで毛を抜いた程度の痛み」と表現する方が多いです。なぜなら多くのクリニックはアートメイクをする際、施術前に麻酔クリームを塗って痛みを最小限に抑えています。

また、眉はアイラインやリップと比べて、アートメイクの痛みを感じにくいとされる部位。アートメイク中に眠ってしまう人もいるくらいですので、痛みに弱い方でも安心して受けられます。

眉毛のアートメイクで失敗しない為の5つの注意点

アートメイクは人の手で行うものなので、考えた形と違ったり、濃すぎたり、失敗する可能性も0ではありません。

でもアートメイクは長期的に残るので、絶対に失敗したくないですよね。しかもアートメイクは簡単に消えない分、入れるよりも消すほうが値段もかかります。アートメイクで失敗しないためには次のことに注意しましょう。

  • 違法サロンを避ける
  • 実績のあるクリニックを選ぶ
  • 医師のカウンセリングを受ける
  • なりたいイメージを施術者と共有する
  • ダウンタイムがあることを知っておく

1.違法サロンを避ける

アートメイクは医療行為です。医療機関で行う、医師免許を持つ人の施術、または看護師免許を持つ人が医師の管理下で行う以外の施術は禁止されています。

アートメイクを行っている美容サロンなどもありますが、これは法律違反。必ずクリニックでしてもらいましょう。

 

またアートメイクに使用する機材、インクなどがFDA認可(アメリカの政府機関が安全性を保障する証)を受けているかも、安全なクリニックを選ぶ基準になります。

2.実績のあるクリニックを選ぶ

アートメイクができるクリニックは複数あります。気になるクリニックがあれば、症例数の多さを確認。より多くの実績のあるクリニックを選びましょう。

下調べを怠ればアートメイクは新規のクリニックも多く、経験の浅い施術者にあたることもよくあります。

 

また、施術方法はクリニックによって違うこともあるため、より細かく正確なアートメイクを望むなら、「手彫り」で施術するクリニックを選ぶのが無難です。

おすすめクリニック

「メディカルブロー」はアートメイク市場で最大手。年間症例数が30,000例以上、芸能人やモデルの顧客も多く、雑誌やメディアにも多数掲載されています。
メディカルブローの施術にある特長といえば「6Dストローク」。専用の超極細ニードルを用いて、眉毛の1本1本、繊細な毛並み感で描く独自の新技術です。従来よりも本物のように自然で美しいアートメイクを可能にしています。
 

他にもおすすめクリニックを知りたい方はこちら(地域別)

東京   大阪   名古屋   神戸   福岡

3.医師のカウンセリングを受ける

アートメイクの前に自分の希望をクリニックとしっかり共有し、カウンセリングを受けましょう。アートメイクは施術後、アレルギーによって肌トラブルが起きたり、ケガや手術など、直近で肌にダメージを受けた状態では施術ができなかったりする場合があります。

自分がアートメイクをするのに危険はないか、しっかり医師と相談しましょう。

4.なりたいイメージを施術者と共有する

曖昧なイメージで施術が行われて好みと違う眉毛にされないために、あらかじめ自分のなりたい眉毛のイメージをクリニックに伝えておきましょう。

しかし、デザインをどうしても決めきれない場合は、クリニックからデザインの提案を受けることもできます。また、憧れの芸能人と同じ形にしたいと思っていても、その眉毛の形と自分の顔とのバランスが合わず不自然になる方も。

施術者と話し合いをしながら、自分の骨格、理想に合うデザインを探していきましょう。

5.ダウンタイムがあることを知っておく

アートメイクは、施術したらすぐに完了というわけはなく、ダウンタイムと呼ばれる回復期間が必要です。

眉毛のアートメイクにかかるダウンタイムは1週間程度。その間は眉に刺激を与えないよう注意しましょう。また、初めてアートメイクする場合は、皮膚に色素を馴染ませるため2回施術をして完成する人がほとんどです。

あの有名芸能人もアートメイクをしている!?

アートメイクの需要は上昇しており、今や有名な芸能人やモデルも行っています。例えばタレントの小島瑠璃子さんなど。憧れの有名人がアートメイクをしており「自分も同じようなメイクがしたい!」とアートメイクを始める人も多いようです。

あの有名芸能人もアートメイクをしている!?

【美しい人はすでにやっている】アートメイクをしている芸能人まとめ

アートメイクでずっと理想の眉毛を実現!施術する際は信頼できるクリニックに依頼しよう

アートメイクをすれば、時間のない方、メイクの腕に自信がない方でも理想の眉をキープできます。整った眉があるだけで自分に自信が湧き上がり、いつもより胸をはって歩けちゃうなんてことも。すっぴんでも美しいままなので、ちょっとそこまでの用事ならメイクなしで気にせず外出できます。

良いこと尽くめのアートメイクですが、注意点もありますのでクリニックは厳選しましょう。本記事で紹介したメディカルブローでは、施術前の無料カウンセリングもありますので、自分の希望や不安もしっかり聞いてもらえます。興味のある方は、まずは電話で相談をしてみてもいいでしょう。

 

>メディカルブローに無料で相談してみる<