メラニンとは?メラニン色素の沈着を防ぎ、排出を促す方法

シミやニキビ跡などの肌の黒ずみの原因は、メラニン色素にあると聞いたことはありませんか?

本記事では、このメラニン色素とは何か、なぜこれがシミとなるのか、

さらに後半には、メラニン色素の沈着による肌トラブルの対策を紹介します。

 

メラニン色素とは

メラニンとは、皮膚の奥にあるメラノサイトから作られる「肌、髪の毛、瞳」などの色に影響する黒い色素です。

例えば

  • メラニンが多い肌は黒い肌に
  • 髪の毛にメラニンがないと白髪

となります。

肌のシミや、ニキビ跡の黒ずみ、ホクロなども、メラニン色素による影響のものです。

メラニン色素の役割

肌に美白を求める方にとっては、シミなどの原因となるメラニンは憎い存在と思えるでしょう。

しかしメラニンの持つ本来の役割は、体の健康のため、紫外線を吸収して肌の核細胞への影響を抑えることです。

もしもメラニンのない状態で紫外線を浴び続けると皮膚の細胞核内のDNAが破壊され、皮膚癌を引き起こしてしまう可能性があります。

それを防ぐために、メラノサイトは紫外線を察知するとメラニンを生成しているのです。

メラニン色素が排出される流れ

メラニンは、通常であれば肌のターンオーバーによって垢(あか)と一緒に剥がれ落ちていきます。

具体例を挙げて説明すると、

①夏の海で太陽の紫外線を浴びると、メラニンが増えて体が黒く、いわゆる日焼けと呼ばれる状態になります。

②しかし、時間が経つにつれて日焼けした皮膚はどんどん剥がれて、最終的には綺麗な肌へと元に戻ります。

肌は毎回、このようなターンオーバーを行ってメラニンも排出し、綺麗な状態を保っているのです。

メラニン色素の沈着による肌トラブル

メラニンは通常であれば、肌に大きな影響はなく、紫外線から身を守ってくれる心強い存在。

しかし、場合によってはメラニンがターンオーバーでも排出されず、皮膚の中に残ってしまうことも。

この状態をメラニン色素の沈着といい、シミなどのような、肌の黒ずみとなります。

メラニン色素が沈着する原因

1. メラニン色素の過剰生成

紫外線を多く浴びてしまうと、メラノサイトは皮膚を守るため張り切ってしまい、メラニンを過剰に作ることがあります。

過剰に生成されたメラニンは排出しきれずに、皮膚の中に残り続けると、メラニンは沈着してしまうのです。

2. ターンオーバーサイクルの乱れ

ターンオーバーのサイクルは、外的な刺激やストレス、加齢などによって乱れることがあります。

ターンオーバーが停滞してメラニンが残り、その間に沈着が進んでしまうのです。

メラニン色素の沈着を防ぐ対策方法

肌の黒ずみが起こるのを防ぐためには、メラニン色素の沈着を起こさないようにしなければいけません。

そのためには、次のことを心がけましょう。

  • 紫外線をカットする(UVケア)
  • 美白化粧品を使う(美白ケア)
  • 保湿ケアをする
  • 規則正しい生活リズムを心がける

1. 紫外線をカットする(UVケア)

メラニン色素の沈着を防ぐには、第一にメラニンを増やし過ぎないことが重要です。

紫外線から身を守ることで、メラノサイトによるメラニンの過剰生成を阻止します。

帽子や日傘などを活用し、なるべく直射日光を浴びないようにしましょう。夏場は特に、日焼け止めクリームなどのUVケアが大事です。

2. 美白化粧品を使う(美白ケア)

化粧品の中には、ターンオーバーの乱れを整えて、メラニンの排出を促したり、メラノサイトの活性化を抑制する成分が入っているものがあります。

紫外線は完全に防ぐことはできないため、こうした化粧品を活用して、肌の内部からもメラニンの沈着を防ぎましょう。

3. 保湿ケアをする

肌が潤っていると、紫外線の影響を受けにくくなります。また、乾燥した状態では、化粧品や美容液も浸透しづらくなります。

起床時、帰宅してすぐ、就寝前には、洗顔をして美容液や乳液で保湿ケア。肌が乾燥している時間を極力なくしましょう。

4. 規則正しい生活リズムを心がける

ターンオーバーの乱れを防ぐためには、規則正しい生活リズムを保つことが重要です。

食事によって必要な栄養を補給し、適度な運動・睡眠で代謝を高めましょう。

また、過度なストレスもターンオーバーの乱れに繋がりますが、適度な運動、睡眠、食事はストレスを抑える働きもあるので、精神的にも身体的にも効果的です。

メラニン色素をなくしてくれる美容治療「ピコレーザー」

ピコレーザーは、1兆分の1秒(ピコ秒)でレーザーを照射して、メラニンを破壊する美容医療治療です。

シミやそばかす、ニキビ跡、さらにはホクロに至るまで、メラニンが原因の肌トラブルを解決してくれます。

基本的に肌へ与えるダメージも少なく、レーザーの当て方によってさまざまな治療法がありますので、治したい肌トラブルをお持ちの方は調べてみると良いでしょう。

シミの原因はメラニン色素!沈着を抑えて、肌を美白のままに!

今回は肌のシミの原因となるメラニン色素についてお話しました。

メラニンは体を守るために必要なものですが、過剰に生成されることで肌が黒ずんでしまいます。

人は歳を重ねるにつれてターンオーバーが乱れやすく、メラニン色素の沈着が起きやすくなりますが、本記事で紹介した対策はアンチエイジングにも効果的。

綺麗な白い肌を守れるよう紫外線カット、保湿ケア、規則正しい生活習慣を心がけましょう!