フォトフェイシャルとは?M22って何?シミが薄くなるって本当?徹底解説!

フォトフェイシャルとはどんな治療で何に効果があるかご存じでしょうか?

フォトフェイシャルを受けることで、美容に関する数々の症状を幅広く同時に改善できます。今回はフォトフェイシャルについて、メリットや注意点、最新機器であるフォトフェイシャルM22についてもご紹介します。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとはIPLと呼ばれる様々な波長を持つ光をフラッシュライトで肌に当てる治療法です。

 

シミやくすみ、シワ、毛穴の開き、たるみ、赤ら顔の治療に効果を発揮します。

シミやそばかすの原因となるメラニン色素、赤ら顔の原因となるヘモグロビンなどの色素を光で攻撃。同時に肌内部にコラーゲンを増生し、肌のキメやハリを整えることが可能です。

フォトフェイシャルのM22とは

フォトフェイシャルM22は厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。

フォトフェイシャルM22では、従来のフォトフェイシャルでは難しかった肝斑にも照射可能。波長を変えることで、従来の機器では届きにくい肌内部でもスムーズに治療することができます。

フォトフェイシャルとレーザーの違い

フォトフェイシャル(光治療)とレーザー治療の一番の違いは光の長さ(波長)レーザーの照射時間(パルス幅)です。フォトフェイシャルはレーザーと比べて光の波長が短く、パルス幅は長くなります。

こうした短い波長で長いパルス幅のフォトフェイシャルは、浅く広い肌の悩みに効果的です。レーザーはシミなどハッキリしたターゲットに効果を発揮します。

フォトフェイシャルの効果

  • シミ・そばかす・ニキビ跡
  • くすみ・クマ・美白
  • ニキビ・赤ら顔
  • 肌の張り・小じわ
  • 毛穴の開き

シミ・そばかす・ニキビ跡

フォトフェイシャルの光が真皮に届くことで、皮膚が活性化。それにより色素沈着を起こしたメラニン色素が浮き、皮膚の代謝によって段々と薄くなっていきます。

色素沈着を起こしているニキビ跡の治療にも効果的です。

くすみ・クマ・美白

フォトフェイシャルで出る光が熱エネルギーへと変化し、くすみやクマの原因であるメラニン色素へダメージを与えます。

くすみが解消されることで、肌全体の透明感が増します。

ニキビ・赤ら顔

赤ら顔は顔に巡っている毛細血管が拡張している状態です。フォトフェイシャルではこの拡張した血管を収縮させて、赤みを抑えます。

ニキビの原因であるアクネ菌への殺菌効果もあるので、ニキビの治療にも効果的です。

肌の張り・小じわ

フォトフェイシャルは肌のハリ、目じりなどの小じわにも効果があります。

フォトフェイシャルの光が肌にあたると、コラーゲンを生成する繊維芽細胞の働きが活性化され、肌がふっくらと若返ります。

毛穴の開き

フォトフェイシャルの光を肌にあてると繊維芽細胞の働きが活性化されて、毛穴がキュッと引き締まります。

加齢とともに目立ってきた毛穴にも効果があり、肌のキメも整ってメイクのノリが良くなりますよ。

フォトフェイシャルの特徴、メリット

  • 肌の負担が少ない
  • 顔全体のさまざまな症状を同時に改善
  • ダウンタイムがない

肌の負担が少ない

フォトフェイシャルの光はメラニン色素などの決まったターゲットのみに反応するので正常な肌をほとんど傷つけません

施術時間も短いため肌のダメージ・ストレスも少なく済みます。

顔全体のさまざまな症状を同時に改善

フォトフェイシャルの光はレーザーよりも幅が広く顔全体に光が行き届いて、さまざまな症状を同時に改善できます。

さらに、症状の改善だけでなくコラーゲンを生成する細胞が活性化されるため治療と同時にキメの細かい美しい肌になります。

ダウンタイムがほぼない

フォトフェイシャルの施術後はダウンタイムがほとんどありません。そのため、施術直後からメイクが可能です。

施術直後は肌に赤みが出ている場合がありますが、クールダウンしている間に赤みのほとんどが消えて目立たなくなります。

フォトフェイシャルは1回だと効果ない?適切な頻度について

フォトフェイシャルは1回でも効果を感じることはできますが、複数回行うとより高い効果が実感できます。

 

おおよそ3週間~4週間に1回、計4回~6回程継続の施術が推奨されますが、詳細な回数・頻度は、肌の状態や治療の目的によっても異ります。カウンセリングや問い合わせであらかじめおおよその回数を把握しておきましょう。

フォトフェイシャルのデメリット、注意点

  • 一時的にシミが濃くなる可能性がある
  • 一時的に肌が刺激を受けやすくなる
  • 肌の痕跡が残る可能性

一時的にシミが濃くなる可能性がある

フォトフェイシャルは色素沈着を起こしていたシミを浮き上がらせるため、施術後は一時的にシミが濃くなる可能性があります。

しかし、肌のターンオーバーによって1週間~2週間程度で自然とだんだん薄くなるので安心してください。

一時的に肌が刺激を受けやすくなる

フォトフェイシャルの施術後は、一時的に肌が乾燥しやすくなります。乾燥した肌は刺激に弱いので、しっかり保湿しましょう。

紫外線対策として日焼け止めや日傘、帽子などがあると安心です。

肌の痕跡が残る可能性

フォトフェイシャル施術後は数時間でシミだった部分にかさぶたができます。

この時、無理にかさぶたを剥がしてしまうと肌に跡が残ってしまうかもしれません。かさぶたは気になっても触らず、自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。

フォトフェイシャルにかかる料金

フォトフェイシャルの料金はクリニックによるのはもちろん、施術箇所や回数によっても異なります。

 

全顔の場合、1回で3~4万円程度、3回コースを10万円程度で受け付けているクリニックもよく見られます。両頬・首・手または足の甲・デコルテなどは全顔よりも安めです。

トライアル料金として初回は安く受けられるクリニックもあります。

フォトフェイシャルなら悩んでいた肌トラブルが解決できる!

今まで悩んでいた肌トラブルもフォトフェイシャルによって改善が期待できます。

「普段からきちんとケアをしているのにニキビが直らなくてメイクができない…」「赤ら顔にずっと悩んできた」「どんな基礎化粧品を使っても美白の効果が実感できない…」という方はフォトフェイシャルを受けることを検討してみてはいかがでしょうか?