肌の赤み、赤ら顔の原因は何?ケア方法や赤みを消す美容治療を紹介!

肌荒れの後にできる肌の赤み。なかなか治らないと益々気にしてしまいますよね。

メイクで隠すこともできるけど、毎朝、自分の顔に赤みを発見するのもテンションが下がってしまいます。

 

「なんで消えないの…」そう悩む方も多いはず。今回は肌の赤み、赤ら顔について、赤みが起こる原因ケア方法、そして赤みを消すことができる美容治療を紹介していきます。

 

肌に赤みができる原因は?

肌の赤みは主に「血管の拡張」がきっかけです。

炎症後の赤み

例えば肌の炎症後に、赤みがひかない状態を解説しましょう。

炎症は肌から体内に侵入した異物や細菌を排除する免疫反応によって起こります。

炎症部位に血液を巡らせ、血管が拡張血流量が増加して肌が赤く見えるのです。

ニキビの赤み

ニキビの赤みも同様に血管の拡張によるものです。毛穴に皮脂や老廃物が詰まって増殖するアクネ菌を排除するために炎症を起こして発生します。

生まれつきの赤ら顔

普段から赤ら顔の方は、血管が過剰に滞りやすい体質かもしれません。

生まれつきの赤ら顔は、色白肌の方や寒冷地にお住まいの方に多く、遺伝的体質や環境要因で、赤みが出やすいと言わています。

また、赤みの原因となる血管の拡張は、炎症以外でも興奮飲酒緊張高体温によっても起こります。

肌の赤み、赤ら顔が治らない原因は?

赤みが長引くのは、炎症によって拡張した毛細血管が元に戻らず血流の量が多いままだからです。

肌は炎症を繰り返すほど角層バリアが弱まって、赤みができやすく、消えづらくなっていきます。

角層バリアついて

肌の一番外側の各層にある、異物や細菌の侵入を防ぎ、肌のうるおいを保つ機能です。

肌は普段から紫外線など多くの刺激を受けていますが、この各層バリアによって炎症が起こるような状態を防いでいます。

肌の赤みには早めの対処がおすすめ!

赤みが出ている肌は水分が蒸発しやすくなるそうで、これでは肌のうるおいを保つのも困難。

炎症が長引くほど、毛細血管の拡張といった肌のダメージは蓄積していくので、炎症が起きた際は早めに対処するのがおすすめです。

肌の赤み、赤ら顔をケア予防する5つの方法!

  • 肌に摩擦を与えない
  • 洗顔のやり方を考える
  • 肌に合った化粧品を選ぶ
  • 生活習慣をを見直す
  • 清潔な場所で過ごす

肌に摩擦を与えない

肌に赤みがでないようにするには、肌にダメージを蓄積させないことが重要です。

肌をこすったり、掻いたりせず、なるべく肌がモノに触れないように過ごしましょう。無意識に肌を手で触れるクセのある方は注意です。

紫外線対策をする

紫外線は年中降り注いでいます。外出時は季節問わず注意しましょう。日焼け止めクリームのほか、日傘や帽子などを活用するのも効果的。

また既に赤みのある方の場合、赤みのある肌は敏感ですので、日焼け止めの前に保湿剤を塗るのがおすすめです。

洗顔のやり方を考える

洗顔フォームは、刺激の少ないタイプのものを選びましょう。

しっかり泡立ててゆっくり優しく汚れを浮かします。ゴシゴシと強く洗うのは、肌の保湿成分や皮脂が落ちて、各層バリアの機能低下にも繋がるのでNGです。

洗顔料の洗い残しは肌荒れにつながるので、顔全体に行き渡ったらぬるま湯でしっかり流しましょう。最後は清潔で柔らかいタオルを軽く充てるようにして水分をふき取ります。

肌に合った化粧品を選ぶ

化粧品も同様に、刺激の少ないタイプのものを使用します。購入する前には、テスターやサンプルを活用して自分の肌に合うか確かめましょう。

赤みをケアするためには肌のうるおいが大事です。早朝、洗顔後、入浴後、就寝前には、化粧水や入乳液などを活用してすみやかに保湿しましょう。

生活習慣をを見直す

各層バリアの機能を高めるには、規則正しい生活が大事です。

食事は栄養バランスを考え、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂取。適度な睡眠と運動によって肌も心もストレスを発散しましょう。

清潔な場所で過ごす

ホコリ、カビ、ダニなど、肌トラブルの原因になるようなものは掃除して取り除いておきましょう。

肌に触れる衣類や布団も、こまめに洗って清潔な状態を保ちます。加湿器などで肌の乾燥を抑えるのも良いでしょう。

肌の赤み、赤ら顔を消す美容治療を2つ紹介!

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる様々な波長を持つ光をフラッシュライトで肌に当てる治療法です。

肌内部のコラーゲンを増生して、肌のキメやハリを整えます。拡張した血管を収縮させたり、ニキビの原因であるアクネ菌への殺菌効果もあり、赤み治療にも活用されます。

ピコレーザー

ピコレーザーは、シミや黒ずみの原因であるメラニン色素をレーザーで砕いて除去する治療法。

シミ以外にも、くすみ、色素沈着、ニキビ跡、そして赤みにも治療も可能です。

メラニン色素を分解するので、照射範囲の広い「ピコトーニング治療」では顔全体のトーンアップにも効果を発揮します。

肌の赤み、赤ら顔の対策には日頃のスキンケアが大事!

炎症が起きない、長引かない肌を作るためには、ぜひ本記事で紹介した方法を参考にして、赤みに強い肌になるスキンケアを心がけましょう。

赤みを早く消したい方は、上記で紹介した美容治療の「フォトフェイシャル」と「ピコレーザー」を調べてみてはいかがでしょうか?

本サイトでもそれぞれ説明している記事がありますので、ぜひご覧ください。

(上記リンクあり)