【メディカルブローの眉アートメイク体験レポ】すっぴんにマスクでも決まる!!

芸能人やモデルをはじめ、多くの女性から支持されているアートメイク!

SNSなどで体験者の感想や口コミを見てみると…

「マスクにすっぴんでもきまる」
「素顔が可愛くなれる」
「忙しい朝のメイク時間を短縮できる」

と、たくさんのメリットがあると大評判!!

 

ずっと気になっていたので、
思い切ってアートメイクのパイオニアと言われる“メディカルブロー”で人生初の眉アートメイクをしてきました!!

アートメイク中の「痛み」や「刺青との違い」などの疑問にもお答えしていくので、体験レポをご覧ください!

「アートメイクとは何か」を知りたい方はこちらから

眉毛のアートメイクとは?3つのメリットや値段、失敗しないための注意点

 

まず「メディカルブロー」って何?

アートメイク業界の最大手であるメディカルブローは、日本に空前の医療アートメイクブームを巻き起こしたアートメイククリニックです!

開業してから間もなく、芸能人やモデルの御用達クリニックとしてSNSから火がつき予約が殺到!
そのブームは終わることなく定着し、アートメイクは社会現象に…

メイクに忙しい世の女性のライフスタイルや価値観にも影響をもらたらしました。

新規院が続々と開業中!成長が止まらない!

そんなメディカルブローは現在、東京・名古屋・大阪・福岡、海外では上海に院を展開中です。

最新の美容医療を提供するため、今後も続々と新規の院を開業予定!

あなたの近くにも院が出来るかも!?要チェックのアートメイククリニックです!

メディカルブローを選んだ3つの理由

  • おしゃれな芸能人の御用達
  • たくさんの実績と症例写真
  • 6Dストロークを体験できる

【選んだ理由1】 おしゃれな芸能人も通っている♪

芸能人御用達としても有名なメディカルブローは、美意識が高い方のお墨付きクリニック♡

最先端の技術をもっているクリニックとして信頼度が高いことがわかります。

【選んだ理由2】どこのクリニックよりも多い実績と症例写真

年間症例数は国内でも有数の30000例以上という凄まじい実績があります。

豊富な経験があるので、さまざまななお悩みやご要望に沿った施術をしてくれると評判です。

 

症例写真は毎日インスタグラムから確認出来ますよ!

【選んだ理由3】 最先端技術の「6Dストローク」を体験できる!

最新技術「6Dストローク」を提供しているのはメディカルブローだけ。

また、6Dストロークはメディカルブロー独自の名称として商標登録を取得済。

一人ひとりに合わせたデザインを提供しているので、とっても美しい仕上りになるんです。

眉アートメイク体験レポ!の前に

体験レポの前に、

わたしのアートメイク前の自眉写真

と、今回アートメイクを施術してくれた、

アートメイクアーティストさん

をご紹介します。

わたしの自眉プロフィール

○左右差がある
○しっかりある方
○しかし密度がバラバラで薄いところもあり
○自分に似合う眉が分からない眉迷子
○朝はいつもバタバタですっぴん眉

アートメイク施術者のプロフィール

担当してもらったのは、メディカルブロー大阪院の谷田さん。

メディカルブローのランク制度の中でも上級者ランクであるグランドマスターです!!

芸能人やモデルからの信頼も厚く、多くの顧客を抱える人気のアートメイクアーティスト♪

谷田さんのインスタグラムはこちらから♡↓

眉アートメイク体験開始!!

早速体験レポスタート!!
まずはアートメイクの流れからお伝えします!!

  • カウンセリング
  • 眉のカラーを決める
  • 麻酔クリームの塗布
  • アートメイク施術スタート

1.カウンセリング(30分)

まずはじめに、施術後の注意事項やアフターケアの説明があります。

承諾したら契約書にサイン。

●おおまかな注意事項の内容はこちらです↓

  • 施術直後のお化粧は禁止
  • 施術当日の入浴やサウナは禁止
    シャワーのみOK
  • ダウンタイムは4日から1週間ほど
    赤みや腫れも時間とともに落ち着く
  • 施術日を挟んで前後3週間は、美容系のサービス(ピーリング・お顔の脱毛・エステなど)を受けられない
  • 痛みを抑える麻酔クリームを使うため、妊娠中の人はアートメイクを受けられない

2.デザインを決める

希望のデザインをもとに「黄金比」を用いて、
自分の骨格や雰囲気に合わせたデザインを提案してくれます!

↑デザインの下書きを描いてくれています

3.麻酔&カラー決め

麻酔クリームを塗って、できるだけ痛みを感じないように準備。

麻酔が効いてくるまでの間は、眉のカラーを決めていきます。

(わたしは自眉の色味や肌の色に合わせてカラーをいくつか提案して頂きました♪)

4.6Dアートメイク施術スタート

6Dストローク専用の超極細ニードルで、繊細な毛並みを一本一本描いていきます。

安心ポイント

このニードルは、目の前で新品を開封してくれます。

いろんな人のアートメイクに同じニードルを使いまわすと、衛生的にも問題があり感染症などのリスクも高まってしまうからだそうです。

施術時間は約2時間程度。

麻酔がしっかり効いていたので、痛みを感じることもなく、あっという間に時間が過ぎていきました!

 

(ちなみに施術中に寝ちゃってました…)

眉アートメイクの完成!!

私の眉は自眉がしっかりしているので、
ぴっちり整えすぎず自眉の毛をナチュラルに残し、ふんわりとした仕上げに♡

眉の密度がバラバラで気になっていたところも綺麗に整えてもらいました!!

●Befor 写真

●After 写真

自眉とアートメイクの境が分からない!とっても自然な仕上がりで感動しました✨

また、アートメイクは1回のみの施術ではインクの定着が難しいとのこと。そのため、メディカルブローの眉アートメイクは2回セットになっています。

  • 1回目はデザインのベース作り
  • 2回目の施術で定着を目指す

といったイメージです。今回は1回目の施術だったので、2回目の施術も楽しみ♩

2回目の施術は1回目から1か月ほど経過してからできるそうです。

アートメイク中の痛みについて

クリニックでは麻酔クリームを使用するので、施術時の痛みを最小限まで抑えてもらえます。

少しチクッとする感じはありましたが、
麻酔がしっかり効いていたので全然痛くありませんでした。

痛みを感じる瞬間があるにしても、よく言われている「毛抜きで毛を抜かれている」ような感じ。

私のようにアートメイク中に眠ってしまう人も実際に多いそうです。

〈谷田さんに質問〉アートメイクと刺青の違いって?

刺青は、皮膚の「真皮層」にインクを入れます。真皮層に入ったインクはターンオーバーの影響を受けず、永久に消えることがありません。

それに対して、

アートメイクがインクを入れる先は、皮膚の「表皮層」というごく浅い部分です。表皮層に入ったインクは、ターンオーバーの影響を受けます。

そのため、永久に消えない刺青とは異なり、アートメイクは徐々に薄まるので持続性は2年~3年。ナチュラルで美しい仕上がりになります。

(薄くなったタイミングでのメンテナンスを推奨。同じデザインを続けてもいいですし、少しデザインを変えてイメージチェンジすることもできます)

 

アートメイク後のアフターケア

アフターケアを気を付けると、カラーがきれいに入り、インクの“持ち”もグンとアップするそうです。

アフターケアで気を付けるべき3つのポイントを紹介します。

  • 乾燥させない
  • 濡らさない
  • 触らない

【アフターケア1】乾燥させない

アートメイクした部分は傷口となっているため、乾燥するとカサブタになりやすく、一緒にインクも取れてしまいます。

ワセリンをお渡しされるので、最低でも一週間はこまめに保湿をすることが大切。その間は眉メイク禁止です。

ワセリンの塗り方

綿棒にワセリンを適量取り、眉毛の間を縫うようにして保湿します。ワセリンが取れてきたと感じたら、すぐに清潔な綿棒で塗り直しましょう。

【アフターケア2】濡らさない

保湿は大事ですが、施術後24時間はできるだけ水に濡らさないようにします。

洗顔は施術箇所を避けて行いましょう。クレンジングやスキンケアなどの際には、ワセリンで水分から眉を保護します。

【アフターケア3】触らない

施術箇所はむず痒くなることがありますが、絶対に手で触らないこと。そこからばい菌が入って化膿することもあります。

また、カサブタができても無理に剥がしてはいけません。

 

こちらでも、アフターケアについて解説しています

アートメイク施術前の注意点と施術後のアフターケアについて

 

せっかく気に入ったデザインができても、インクが定着しないと意味がありません。
しばらくはアフターケアをしっかり気を付けて過ごそうと思います!

アートメイクを検討している方へ

アートメイク体験レポいかがでしたでしょうか!?

毎日の生活が快適になるアートメイクは、悩める現代人の救世主。

コンプレックスを解消することで「今日のわたしちょっと可愛いかも」そう背中を押して自信をくれるのがアートメイクのパワー。

アートメイクはあなたの“綺麗になりたい”を叶えてくれる美容医療です♡

自分の魅力を引き出してくれるアートメイクで人生をハッピーに過ごしていきましょう♡