アートメイク施術前の注意点と施術後のアフターケアについて

ノーメイク美人になれる「眉」や「アイライン」「リップ」のアートメイク。その仕上がりの良し悪しはアフターケアにあり!と言われるほど。。。

今回はアートメイクを施術する前にぜひ知っておきたいことや、気をつけておかなければならないこと、そしてアートメイクをキープするために必要なアフターケアのポイントについてご紹介していきます。

アートメイクを受けたいと思ったら

まずは良いクリニック選びから

「アートメイクをしてみたいけど、どこで受けるのがいいんだろう…サロン?それともクリニック?」と悩むことでしょう。

でも、アートメイクは医療行為。病院・クリニックで施術してもらうのが基本です。

サロン等で行われている医師免許や看護師免許を持たない者がアートメイクを行うことは違法とされ、施術ミスなどによるアフターケアも万全ではありません。

現在、消費者生活相談に寄せられる健康被害や苦情が後を絶たないと言われています。

どんな眉になりたいか?

一度インクを入れたら、個人差はあれど、アートメイク持続期間は1〜2年。(個人差により3年くらい持つ人もいます)

こんなはずじゃなかった…という悲しい結果を招かぬように、十分なカウンセリングの時間をとってくれる病院やクリニックを選ぶことが大切です。
自分の理想とする眉の写真などを持参しても良いでしょう。

でも、「なりたい眉」と「似合う眉」は違います。。。

また、今流行りの眉にしたい、という場合もよく考えてから。数ヶ月後には違う眉の形が流行っているかもしれません。

眉のデザインや色などに関しては、アートメイクのプロ(アーティスト)が在籍する病院やクリニックで、じっくりと納得のいくまで相談してから決めることをおすすめします。

アレルギーなどの心配があるかどうか?

アートメイクに使われているインクには、微量の金属成分が含まれています。
そのため、金属アレルギーがある人は注意する必要性があります。

もし、アレルギーの心配がある人は、必ずアートメイクを受ける医療機関に申告を。
病院やクリニックでは、施術前にアレルギー検査を行ってくれるところが多いので、不安があれば相談しましょう。

また、アトピー体質やケロイド体質、皮膚疾患、感染症がある方はアートメイクが受けられないと言われています。

手彫りによるアートメイクがおすすめ

以前のような「ベタ塗り眉」とは違い、現在の最新アートメイクは「毛を1本1本描く」のが主流。

病院・クリニックによっては短時間でアートメイクができる「医療マシン」を使う場合がありますが、インクが滲みやすいというデメリットが。

おすすめなのは、滲みにくく繊細なタッチで自然な毛並みを描いてくれる「手彫り」のアートメイクを行う病院・クリニックです。

良いクリニックの選び方について、おすすめクリニックも交えてさらに詳しくこちらの記事に書いてありますので、よろしければあわせてご覧ください。

アートメイク前に避けるべきこと

美容整形や美容サービスを受けている場合

美しさを追求する女性なら、美容整形やヒアルロン酸やボトックス注射などを受けている方も多いのではないでしょうか?

でも、もしアートメイクを受けたいと思っている場合、これらの美容系サービスについては肌のターンオーバーを高めるため、時期をずらして行う必要があります

眉のブリーチ

眉をブリーチした後は肌が傷ついている状態です。アートメイクをするなら、ブリーチ後、2週間は空けてから。

レーザー・光治療

レーザーや光治療を行った後は、肌が傷ついている状態になっています。
代謝が良くなることでアートメイクのインクの定着が悪くなることがあるため、最低でも2週間は空けてからがベスト。

美容整形

顔の輪郭・表情の変化が大きい「美容整形」。

手術した場所にもよりますが、症例数が多い「目の二重整形で切開する場合」は、美容整形後3ヶ月は空けてからのアートメイクを。
アートメイクを行う予定の病院やクリニックで相談するとよいでしょう。

ヒアルロン酸やボトックス注射

ヒアルロン酸やボトックス注射も、顔の輪郭・表情に変化がある美容サービスの1つです。
とくに、眉アートメイクを行う場合は、デザインが崩れてしまう可能性があるため、最低でも1ヶ月は空けてから受けましょう。

ピーリング

ピーリングは肌のターンオーバーのサイクルが早まります。
それによって、インクが退色しやすくなるため、1ヶ月は空けてからのアートメイクがおすすめです。

日焼け対策をする

インクの色褪せの原因の1つとなるのが「日焼け」。
アートメイクを受ける、2週間前からの日焼け対策が必要です。

こまめに日焼け止めクリームを塗ったり、外出時には必ず日傘などで紫外線から肌を守りましょう。

アートメイク施術当日になったら

アートメイクを受けに行く前に、ひどく汗をかくような激しい運動やサウナ、アルコールは控えるのがベター。
血行がよくなるため、アートメイクで使用するインクの定着が不安定になります。

アフターケアがアートメイクの仕上がりを左右する!

アートメイク後は、「施術した部位を清潔に保つこと!」が基本。
不衛生な手で触ったりすると、そこから雑菌が侵入して、感染症になってしまうこ恐れも…

また、アートメイクしたところは「傷口」となっている状態なので、1週間くらい経つと「かさぶた」へと変化します。
無理に剥がしたりしないで、自然に取れていくのを待ちましょう

アートメイク後の激しい運動やサウナ、アルコール等の飲酒も代謝が良くなり、インクの定着が不安定になるので禁止。
色褪せ防止のための「日焼け対策」も怠らないよう、気をつけましょうね。

眉のアフターケアのポイント

眉のアートメイクをした後は、腫れや赤みが出現します。ダウンタイムは4日〜1週間程度
もし気になるような場合は、清潔な冷たいタオルなどで冷やしましょう。

眉のメイクについては、アイブロウや眉マスカラはNG
その他のメイクはOKですが、メイクオフの際に、クレンジング剤が眉に当たらないよう注意が必要です。

アイラインのアフターケアのポイント

アイラインアートメイクは、施術直後より、翌日の腫れが一番出現しやすいと言われています。
気になるときは、眉のアフターケアと同様、清潔な冷たいタオルなどで冷やすのがおすすめ。

また、腫れ防止対策として、施術当日の夜は「心臓よりも頭を高くして眠ること」を心がけてみましょう。

目の周りが不快になることもありますが、不衛生な手で触らないよう、清潔な綿棒を使うのがベスト。
アイメイクについては、施術してから2日後よりOKとされています。

リップのアフターケアのポイント

気になるくすみを取り、落ちないリップとして人気急上昇中のリップアートメイク。

リップのアフターケアのポイントは、

  1. ヘルペスを予防する
  2. 保湿
  3. 口紅などの化粧品全般を使わない(約1ヶ月)

ヘルペスを予防する

ヘルペスは、発熱や過労、刺激によって唇に痛みやかゆみを伴った水疱ができてしまうウィルス性の疾患。
リップのアートメイク後、数日経ってから発症することがあります。

日本人の半数が単純生ヘルペスウィルス保持者と言われており、予防をしない限り、リップアートメイク後に約90%の人が発症することがわかっています。

病院やクリニックでは、ヘルペスを防ぐために抗ウィルス薬を処方してくれるので、忘れないように内服しましょう。

保湿

ワセリンなどを塗り、唇を保護することが大切。

ワセリンは皮膚保護剤。油性の膜を張って、外部からの刺激から肌をガードしてくれる医薬品です。

アートメイクを行った病院・クリニックで処方してもらえるので、最低でも1週間はワセリンを使って唇を保護しましょう

口紅などの化粧品全般を使わない(約1ヶ月)

リップアートメイク後、最低でも1ヶ月は口紅やティントリップ、グロスなどを使用しないこと。

これらのコスメはアートメイクの色落ちや変色の原因となるため、約1ヶ月間は使用を控えるようにしましょう。

また、日焼け対策として、外出するときはマスクをしたり、SPFの入ったリップクリームを塗って外出するのがおすすめです。

まとめ

アートメイクは、代謝によって1~2年かけて少しづつ退色していきますが、一度入れたらすぐに消せるものではありません。

施術にあたっては、まず良いクリニック選びから始まり、そして、アートメイク後のアフターケアまでしっかりと行うことが大切です。

そうすることで、アートメイクの仕上がり感がグンとアップ。アートメイク持続期間を長くすることも可能なんです。

あなたも素顔に自信がもてる「すっぴん美人」を目指して、アートメイクライフを楽しみましょう!