メンズアートメイクで好感度アップ!眉コンプレックスを解消しよう

落ちないメイクとして大人気の眉アートメイク。
スポーツなどで汗をかいたり、洗顔などによって取れることがないので男性の間でもアートメイクを受ける人が増えてきています

また、眉は顔の印象を決めるパーツの1つ。
脱毛症、抗がん剤投与による失毛、または加齢で眉が薄くなってしまった方、素顔に自信を持ちたい方…などにおすすめです。

あなたもメンズアートメイクでコンプレックスを解消しませんか?

メンズアートメイクを受けるメリット

印象的な顔になれる

眉は顔の印象を左右する大切なパーツ。

眉毛が美しく整っていたり、はっきりとした眉の形を持つ男性はとても男らしく魅力的に映りますね。

仕事をするときも、第一印象はとても大切な要素。
眉アートメイクによって表情にも明るさがプラスされ、「できる男」のイメージを植え付けることができるでしょう。

汗をかいてもとれない

皮膚の「表皮層」というごく浅い部分にインクを注入し、医療用器具を用いて眉毛を描いていくアートメイク。

シャワーや洗顔を行ったりしても取れる心配がないので、自分の顔に自信が持てるようになりますよ。

また、ジムやジョギングなどの激しいスポーツで汗をかいても、24時間男らしい眉を常にキープすることができます。

お手入れがとても簡単

自分の眉をどのように整えればよいのかわからない、また、うまくお手入れすることが難しいという方が多いのではないでしょうか?

もしこんな悩みをお持ちならば、アートメイクがすべて解決。

男性の場合は、アートメイクをしていると見えないような自然な眉の形にしてもらうのがおすすめです。

美しく整えられた眉は、年齢的にも若い印象を与えることができます。

メンズアートメイク施術

自然な仕上がりの「手彫り」

アートメイクには「医療マシン」を使って施術する方法と「医療ペン」を用いた施術法がありますが、自然な仕上がり感を追求するなら断然、医療ペンを用いた施術法がベスト

眉毛を1本1本描いてくれるので、本物の毛?と見間違うほど「自然な毛並み感」を演出することが可能なのです。

ちなみに、医療マシンを使った施術はインクが滲みやすい、というデメリットがあると言われています。

アートメイクを受けるならクリニックで

人の皮膚に針を刺してインクを注入するアートメイクは、医療行為の1つ。

医師免許や看護師免許を持っていない無資格者における施術は違法とされています。

また、サロンでのアートメイク施術についてはさまざまなトラブルが発生しており、そのアフターフォローも万全ではありません。

アートメイクを受ける側も正しい知識を身に着けておくことが必要ですね。

アートメイク施術は痛い?

アートメイク施術時は麻酔クリームを使用するため、ある程度の痛みを最小限に抑えることができます。

その痛みの程度は「毛抜きで毛を抜くような感じ」と表現する人が多いそう。。。

なかには施術中に眠ってしまったという人もいるようで、痛みの程度については個人差があります。

また、その人の体質やその日の体調、施術者の腕によっても、痛みの感じ方には違いがみられます。

アートメイクを受ける前の心構えとしては、

  • 過度な飲酒を避ける
  • 規則正しい生活をする

など体調管理に努めることが大切です。

ダウンタイムについて

アートメイク施術直後
麻酔が切れてくるため、疼痛とともに、眉の周りの皮膚が赤みを帯びて「腫れ」が出現。
眉周辺に熱があると感じることもあるでしょう。腫れが気になるときは、冷たいタオルなどで冷やしましょう。
2日目
痛みはほとんど感じることはなく、腫れも少しづつ引いてきます。
3日目
アートメイクのインクの色が濃く出る人も。
かさぶたができてくるが、無理やり剝いたりしないで、自然にとりきれるまで絶対に触らないことがポイント。
(無理やり剥がすと、色が抜けたり、傷痕として残る場合があるので注意する)
1週間後より
かさぶたがほぼ取りきれてくるため、眉の色味が安定する。

メンズアートメイクおすすめクリニック

女性だけに限らず男性もアートメイクをする時代が到来。

アートメイクを行っているクリニックでは女性の症例写真を掲載しているところが多いため、男だけど大丈夫だろうか?と思っている方も多いでしょう。

そこで、メンズ向けアートメイクのデザインを提案してくれるおすすめクリニックをご紹介します。

メディカルブロー

芸能人やモデルが通うクリニックで有名

メディカルブローは、雑誌やTVでも話題となっているクリニック。
芸能人やモデルの方のみならず、おしゃれに敏感な人たちが通っています。

年間症例数は2000以上と、他院と比べてダントツに多い症例数をもつメディカルブロー。

メディカルブローのインスタグラムでは幅広い年齢層のメンズアートメイクの症例写真が多く掲載されているので、理想の眉が必ずみつかることでしょう。

メンズアートメイクを検討されている方は必見です!

「手彫り」での施術

メディカルブローではすべて「手彫り」。

一人ひとりのお顔の骨格に沿った黄金比を用いて理想の眉をデザイン。医療ペンを使った繊細なタッチで、眉毛を1本1本丁寧に描いてくれます!

プロのアートメイク施術者が、メンズ眉デザインについての提案を積極的に行ってくれるので安心。

また、メディカルブローではカンセリングの時間も30分と長く、どんな小さな不安でも丁寧に対応してくれます

もしアレルギーの心配がある場合は、事前にカスタマーサポートセンターに相談してみるとよいでしょう。

選べる料金体系

施術者にはランク制度があり、そのランクによって料金が変動するのが特徴です。

眉アートメイク2回コースが20,000円~と、自分の予算に合わせて施術者を選択できるところも嬉しいですね。

気になる施術者を指名して、施術してもらうことすることができます。(指名料あり)

料金について詳しくは、メディカルブロー公式サイトのランク別料金案内をご参照ください。

全国にクリニックがある

メディカルブローは、東京都内に4院、大阪院、福岡院、神戸院など、全国的にクリニックを展開しているため、遠方の方でも足を運びやすくなっています。

将来的に、沖縄や北海道にもメディカルブローのクリニックが誕生する予定だそうです。

アートメイクメンテナンス(追加施術)について

アートメイクの持続期間は1~2年(個人差はあるけれど長くて3年くらい持つ人もいます)で、徐々に退色。

そのためインクを定着させるためのメンテナンス(追加施術)が必要となりますが、少しずつ退色していくことで「眉のデザインを変更できる」というメリットもあるのです。

メディカルブローではメンテナンス(追加施術)のメニューがあり、年齢や職業なども加味して眉のデザインを行ってくれます。

まとめ

素顔の自分に自信を持つことができるアートメイクは、もう女性だけのものではありません。

男性でも眉を美しく整えることで、自分にとっての自信に繋がり、周りからの好感度もグンとアップします。

ただし、アートメイクは「自然」に見えるということが重要なポイント。
アートメイクの正しい知識を身に付け、目的に合った良いクリニック選びをすることが大切です。

もしクリニック選びに悩んでいたり、どんなクリニックを選べば良いか分からない場合は、こちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

あなたも、メンズアートメイクで新しい自分を発見してみませんか!